新着情報
News

2019年01月08日
お茶の京都!!高級茶で有名な和束の特産品の販売がはじまりました。

けいはんな学研都市も位置するここ京都府南部は、800年の歴史を持つお茶の生産地でもあります。中でも和束町は別名「茶源郷」とも呼ばれ、日本遺産にも認定された美しい茶畑を有し、香り高い高級煎茶の産地として様々なお茶文化の発信を行っています。

そんな和束の特産品を、当ホテルの朝食会場である、カフェ「ライン」にて販売することになりました。中でもおススメは、けいはんなプラザの所在地 “精華町” 特産のイチゴを活用した紅茶「せいか苺のフレーバーティー 苺一会(いちごいちえ)」です。イチゴの実や葉、和束町産の和紅茶などが入ったティーバッグとドライイチゴがセットされており、紅茶にイチゴのスライスを浮かべいただく、目でも、香りでも、もちろん味も楽しめる一品です。軽く、かさばらず、かわいいイチゴ柄の防湿パッケージはお土産品にも最適です。

けいはんなプラザでの販売を記念して精華町の広報キャラクター「京町セイカ」のオリジナルメモ 付箋紙 懐紙 とのセット品も記念価格で販売しております。

さらに今なら、お買い上げの方に和束茶ペットボトルを1本差し上げます。(予定数無くなり次第終了)

ぜひ、けいはんなプラザ1F 北玄関を入ってすぐ左前方の カフェ「ライン」にお立ち寄りください。

 

 

Archive
月別アーカイブ